個人事業主のメリット・デメリット

個人事業主にはメリットもあればデメリットもある。
気楽に働けるイメージから個人事業主を目指すサラリーマンは少なくないが、企業に属さないゆえの苦労は数多くあるのだ。
例えば、企業勤めであれば任された業務をこなしていけばよいが、個人事業主となれば自分で仕事を取ってくるしかない。宣伝広告や営業を自分自身でする必要があるので、前職で多くの実績があっても仕事を取れなければ1円も稼ぐことができなくなる。

一流のITエンジニアやデザイナー、コンサルタント、そして業務独占資格を必要とする職業においても、食べていけない人はいる。弁護士といえども、椅子に座っているだけで仕事が舞い込んでくるわけではない。
地域に宣伝するためには新聞やチラシに加え、ホームページなどの宣伝媒体が必要になってくる。

また、個人事業主は収入が不安定になりやすい側面があり、月によって2~3倍も収入に差が出ることもある。稼げるときは大きく稼げるが、稼げないときはサラリーマン時代より少なくなるケースはよくある。

個人事業主として食べていくのは決して楽ではないが、一方で個人事業主ゆえのやりがいもある。会社を介さないので中間マージンが発生せず、稼いだお金はすべて自分のものになる。
企業の存在意義は利益の追求であり、従業員に還元されるのは利益の一部だ。確かにサラリーマンは給料が安定しているが、大きく稼ぎたい人には不向きである。
しかし、個人事業主になってうまく顧客を獲得できれば、サラリーマン時代の数倍の給料を得ることも可能だ。

もちろん、個人事業主は仕事で得たお金の管理もすべて自分で行わなければならないため、入出金の管理や税金に関することなどを事前に学んでおく必要がある。