確定申告の工夫で節税が可能

IT系のフリーランスになった場合、会社員時代とは違って自分で収入を申告し納税しなければならない。それが確定申告で、いわば1年間の仕事の総決算だ。
会社員時代であれば会社がルールに従って年末調整を行うので、節税のために自分でできることはあまりない。しかし、個人事業主は同じ仕事をしていても、確定申告の仕方で税金の額が違ってくる。

フリーランスの場合、事業所得というカテゴリーで収入を計算・申告する。事業所得の申告の仕方には2つあり、白色申告と青色申告がある。
青色申告には、複式簿記や貸借対照表の作成、一定期間の帳簿保存などが義務付けられるが、所得控除額(収入から差し引ける額)が多くなり節税できる。帳簿付けなど面倒だと思うかもしれないが、いまはクラウド会計サービスがあり、銀行口座やクレジットカード明細から自動的に仕訳もできるので、負担はあまり大きくない。

青色申告とセットで優遇を受けるために、e-Taxも利用すべきだろう。いわゆる電子申告制度で、事前にマイナンバーカードなどの取得が必要になる。
クラウド会計のデータを使えば確定申告書は簡単に作成できる。そのままデータとして税務署に送信すれば、税還付がある場合にも速やかに手続きをしてもらえる。
事業所得、青色申告、e-Taxを利用するためには、それぞれ開業届や青色申告事業者としての届け出を、事前に管轄の税務署に提出しておく必要がある。自分一人の力で行うのが困難な場合、税務署を訪ねて相談すれば、納税の基本知識を親切に教えてくれるだろう。